« エゾゼミとアカエゾゼミ | Main | セミづくし−月刊昆虫二誌のセミ特集について »

August 14, 2013

エゾゼミとコエゾゼミ

今回はエゾゼミLyristes japonicusとコエゾゼミLyristes bihamatusの見分け方の入門を。今回も変異型など「普通でない」個体の見分け方は扱いません(「日本産セミ科図鑑」をご覧下さい)。なお、コエゾゼミは九州には分布しませんし、四国ではさらにキュウシュウエゾゼミがからんで話が込み入りますので、以下の話は本州(広島県以東)と北海道限定です。

生存時の♂の背面ホワイトバック画像がこちら(右がコエゾゼミ)。前胸背と中胸背の間にある黄色い枠が、エゾゼミでは連続していますが、コエゾゼミは左右の端で切れています。しかし、これは両種ともに例外的にそれぞれ、切れているもの、つながっているものがいますので、決定的なものではありません。「黄色」はエゾゼミは山吹色に近く、コエゾゼミは薄い傾向があり、かなり草色〜黄緑に近いものもいます。大きさは標準的な大きさでは下のような違いがありますが、個体差があって、境界はあいまいです。

Photo
♂の場合は腹面をみるとすぐに区別できます。腹弁と言われる丸い大きなカバーが、エゾゼミでは丸く左右が重なっていますが、コエゾゼミは細長く、左右が離れています。この特徴はコエゾゼミに特有で、エゾゼミやキュウシュウエゾゼミとの決定的な違いでもあります。♀については別の機会に・・・。

B

コエゾゼミ♂のホワイトバック写真を載せておきます(上の個体と同一)。
Wb

鳴き声の違いは・・・
エゾゼミは地鳴りを伴うような低音のギ−−−−という鳴き声。離れて聞くとジュ−−という音も聞こえるかもしれません。一方コエゾゼミは明るいビ−−−−ンという鳴き声。アカエゾゼミに似ていますが、さらに甲高く線が細い印象です(種名をクリックすると「セミの家」にある鳴き声ファイルに飛びます)

|

« エゾゼミとアカエゾゼミ | Main | セミづくし−月刊昆虫二誌のセミ特集について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エゾゼミとコエゾゼミ:

« エゾゼミとアカエゾゼミ | Main | セミづくし−月刊昆虫二誌のセミ特集について »